社内負担を減らそう

印刷機

印刷を外注する目的

チラシ印刷は外注しておこなっている企業が多いですが、なぜ社内でおこなわないのかを知っているでしょうか。一般的には社内の負担を軽減する方法として優れているため、チラシ印刷のフローに外注を組み込んでいます。チラシは大量に印刷しなければならないのが特徴で、印刷機を長時間占有せざるを得ません。印刷機が一台しかないような現場では、その間は他の目的で使用できず、業務に支障が生じるリスクがあることは否めません。また、印刷エラーなどが起こったときにすぐに対処できるように担当者が気にかけていなければならないでしょう。業務効率や人件費から考えるとかなりのコストがかかる作業になっています。その負担を軽減することで全体的に業務を円滑に進められるようにしつつ、コストも抑えるという目的でチラシ印刷の外注がよくおこなわれているのが通例です。特にチラシによる販促が連日のようにして行われている業者ではルーチンで外注する形にしていることが多くなっています。逆に月に一回やそれ以下といった形で滅多にチラシ印刷をしない業者でもチラシの印刷が必要になったときに他の業務に大きな影響を与えてしまうのを懸念して外注を基本としているのが一般的です。このような社内負担を減らす努力は従業員からの評価を高める上でも重要と捉えられています。そのため、従業員との信頼関係の樹立や従業員の不満の解消を目的として外注している業者も少なくありません。

Copyright© 2019 お店や会社の宣伝をするときに知っておきたいことは All Rights Reserved.